苫小牧企業の魅力発信

ものづくり、室工大でセミナー

©株式会社室蘭民報社

室工大OBの苫小牧の企業担当者が自社の特徴をアピールしたセミナー

 苫小牧ものづくり企業セミナー(苫小牧市、室蘭工業大学キャリアサポートセンター共催)が21日、室蘭市水元町の同大で開かれた。同大出身者が活躍する苫小牧市内のものづくり企業4社の担当者が、後輩の学生たちに具体的な仕事の内容や魅力を伝えた。

 同セミナーは今回3回目。地元産業の将来を担う理系人材の確保と、学生に企業を知ってもらう機会づくりを目指す。いすゞエンジン製造北海道、トヨタ自動車北海道、シーヴイテック北海道と、基礎化学品メーカーの北海道曹達の4社が参加した。

 セミナーには同大の3年生ら約50人が参加。4社の説明のうち、トヨタ自動車北海道の長尾和宏課長と入社2年目の馬場智也さんは共に室工大OB。トランスミッションや副変速機のトランスファーを5工場で製造し、良い製品を低コストで作るため現場改善に取り組んでいることを強調。「学部学科は問わず活躍できる。北海道からクルマの未来にチャレンジしよう」とアピールした。

 各社の紹介後は、個別懇談も行われ、学生たちは各企業への理解を深めていた。
(粟島暁浩)