松下奈緒の“チーム・オンコロ”に清原翔、岡崎紗絵、木下ほうか、藤井隆が決定!

©株式会社東京ニュース通信社

松下奈緒主演で2020年1月9日にスタートする、フジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(木曜午後10:00)に清原翔、岡崎紗絵、木下ほうか、藤井隆が出演することが決まった。

同作は年間約100万人もの人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医の奮闘を描くもの。新たに出演が決まった4人は“がん診療のスペシャリスト”である恩田心(松下)と共に、腫瘍内科で働く“チーム・オンコロ”の医師役を演じる。清原は2年目の研修医・結城涼を演じ、「腫瘍内科という、まだ聞きなじみがない、がん診療を行う科が舞台と聞いて心が引き締まりました。身近にある病気だからこそ、皆さんに伝えられるようにしっかり演じたいと思いました」と気合。演じる上では「一見クールだけど、熱い思いがある。そんな結城をどう演じるか本当に楽しみ」と話している。

同じく2年目の研修医・夏樹奈海役を岡崎が演じる。「腫瘍内科を私自身知らなかったので、知るきっかけになりました。医療ドラマは命あることの尊さ、人とのつながりがとても濃く出るドラマだと思うので、大切に演じたいと思いました」と意気込み。腫瘍内科部長・阿久津晃役を務める木下は「扱う内容が決して他人事ではなく、関心の高い問題であることから、強く責任を感じています。とはいえ、物語の中で緩和としての役割をしっかり果たせる働きをしていきたいと考えています」とベテランらしくチームを支える構えだ。

そして藤井は、もともとは優秀な麻酔科医だったが、第5子が産まれたことをきっかけに腫瘍内科に転科してきた光野守男役を演じる。「フジテレビの医療ドラマに呼んでいただいたことに驚きました。頑張ろうと思います」と喜び、「打ち合わせと衣装合わせでスタッフの方々とお会いしました。皆さんが丁寧にこのドラマを作っていこうとなさっている姿を見て、ご迷惑おかけしないように私も丁寧な気持ちを持って参加させていただこうと思いました」と真摯(しんし)に臨んでいる。