Suchmos・TAIKING×OKAMOTO'S・オカモトコウキと対談! 仲良くなったきっかけは

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の『SPARK』(水曜担当ナビゲーター:Suchmos)ワンコーナー「SPARK DREAMER」。11月20日(水)のオンエアでは、TAIKING がOKAMOTO'Sのギタリスト・オカモトコウキと対談をおこなった。

■交流が深まった“ギタリスト飲み会”

最初は対バンをしたことで知り合った2人。その後の交流を深められたのは、意外な集まりがきっかけだったという。

コウキ:対バンではじめて知り合ったあと、地元を歩いていたらTAIKINGさんがいたんですよ。
TAIKING:そうそう(笑)。そのときはSANABAGUN.の隅垣元佐とRAMMELLSの真田 徹と一緒に飲み会をしようとしていて。それで歩いていたら、コウキくんがふらーっと目の前を通っていって。そのときは直接話しかけなくて、「ギタリスト飲み会をやるけどどう?」ってLINEで訊いたんだよね。それでみんなで飲むことになって。それ以降はギタリスト飲み会の幹事をしてくれるようになったんだよね。
コウキ:そんな感じで、よく飲むようになりましたね。

■ソロアルバム『GIRL』を通じて知った喜び

オカモトコウキはソロアルバム『GIRL』の楽曲を中心とした、初ソロライブを11月5日(火)に行った。そのライブにTAIKINGはサポートメンバーで参加。二人は、アルバム『GIRL』とソロライブについて語った。

TAIKING:アルバム曲を全て聴いたけど、単純に尊敬した。ドラム録りだったらドラマー呼んで、ベース必要ならベース呼んでみたいな。それをさ、全部自分だけでやってさ。それがすごいって思った。
コウキ:結果、そっちのほうが早くて。
TAIKING:なるほどね(笑)。
コウキ:デモ音源も作りこんでいたし。あの人もこの人も呼びたいってなるから、呼ぶんだったら、0か100しかないなって思った。自分でやるんだったら1人で完結できるかなって。(制作は)楽しかったよ、すごく。めっちゃ自由だし、全部自分に責任がある。それが、ソロアルバムができて一番嬉しいことだと思っていたんだけど、実はもっと嬉しかったことがあって。完全に自分で作ったアルバムを、みんなで(ソロライブの)リハで合わせたとき、すごく嬉しかった。自己完結していたものを人とやると、こういう風になるんだっていうのが……“ダルマに目玉を入れました”みたいな感じがして。
TAIKING:(笑)
コウキ:そのリハのテープを持って帰って、「最高だわ」って聴きながらお酒を飲んでいる(笑)。そこまでで、自分的には1周したなって思った。

アルバム『GIRL』は好評発売中。「SPARK DREAMER」では、各出演者がそれぞれ抱える今後の夢や目標についてトークする。詳しくはradikoをチェック!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月27日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/spark/