高校生がいじめ再調査要望、横浜

「対象、期間限定し不適切」

©一般社団法人共同通信社

 中学時代にいじめを訴えた際の調査が「対象や期間を限定しており不適切だった」として、横浜市立中に通っていた高校の男子生徒(16)が22日、市役所で記者会見し、林文子市長あてに再調査を求める意見書を提出したと明らかにした。

 男子生徒は意見書で、小学3年だった2012年に学校側がアンケートを実施した結果、親族に東日本大震災の被災者がいて賠償金を受け取っているとうわさされ、金銭を要求されるようになったと主張した。

 市教育委員会は「アンケートを実施したことは確認できていない。調査の範囲は何度も確認しながら検討した」と説明している。