規制撤回へ「土台できた」と韓国

早期決着求める

©一般社団法人共同通信社

22日、仁川国際空港に向かうためソウルの外務省を出る康京和外相(共同)

 【ソウル共同】韓国の康京和外相は22日、日韓の輸出規制問題を巡り、韓国による世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続き中断と、日韓当局間の協議入りが決まったことで「目標である輸出規制措置の撤回のための土台ができた」と述べた。名古屋市で開かれる20カ国・地域(G20)外相会合へ出発する前に仁川国際空港で記者団の取材に応じた。

 大統領府高官は、輸出規制を巡る日韓の協議が長期化することは「受け入れられない」と述べ、輸出規制強化の早期撤回を日本に求める姿勢を示した。