「龍が如く ONLINE」Ver.2.0で追加される「わっしょいシステム」を紹介!1周年を記念して没キャラクター総選挙も開催

©株式会社イクセル

セガゲームスより配信中のiOS/Android向けアプリ「龍が如く ONLINE」。本日11月22日に配信された公式生放送「究極感謝の極 1周年記念生放送」で紹介された新情報をまとめて紹介する。

まずは、Ver.2.0大型アップデートにて実装される「わっしょいシステム」が紹介された。プレイヤーは「組」に所属し、日々のプレイを通じて「わっしょいPt」を貯めていく。このポイントを親父に上納することで貢献度が上昇。一定量たまることで役職があがり報酬が手に入るという仕組みだ。組員全員の上納ポイントが一定以上になると「わっしょいフィーバー」が発生する。

わっしょいシステム」は2020年1月に実装されるが、同日に大型コラボも予定しているという。

また、今後の“どんぱち”についてもバランス調整が行われる。

Ver.2.1で実装される「絶技開眼」が紹介。限界突破済みのキャラクターの「奥義」や「スキル」、「アビリティ」をバージョンアップできる。

さらに、新たなバトルコンテンツ「真・究極闘技」「PvP」も登場。こちらの具体的な実装時期は後日発表される。

また、12月から3月にかけてのロードマップも公開。各種新コンテンツの実装と同時にドンパチの調整などが行われる。

現在開催中の「究極感謝の極 11大わっしょいキャンペーン」について、新情報も公開された。全50体の中から最大3体のキャラを選んで手に入れられる「REBORNセレクトガチャ」や、「桐生一馬(周年祭)」が手に入るプレゼントキャンペーン、「毎日当たる!レジェンド級のドリーム龍オンくじ」が開催される。

11大キャンペーン最後のひとつとして「1周年記念カード化争奪!没キャラクター総選挙」が開催されることも発表。キャラクター設定もイラストもあるのに残念ながら日の目を見なかったキャラクターの中から1位になったキャラを登場させようという企画だ。生放送では没キャラの中から4キャラクターが紹介された。

最後に2020年1月16日に発売予定のPS4用ソフト「龍が如く7 光と闇の行方」の新情報が公開。本作の初回購入特典として「SSR 春日一番(ダンサー)」と「SSR 足立宏一」が初回特典として封入される

(C)SEGA