ボルトン氏、ツイッターを再開

「ホワイトハウスが停止」と投稿

©一般社団法人共同通信社

米国のボルトン前大統領補佐官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日、ツイッターを再開したと発表した。「(9月に補佐官を)辞めて以降、ホワイトハウスがアカウントにアクセスさせてくれなかった。私が何か言うかもしれないと恐れたからだろうか?」と投稿した。同時に「辞任のごたごたで不当に差し止められていた」と強調した。

 ホワイトハウスで外交・安保問題を統括したボルトン氏はトランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾調査でも重要な証人になり得る。だが議会証言を止める大統領特権と、証言を命じる議会の召喚状のどちらが有効か裁判所の判断に従うとの立場を取っている。