雪曳きで降雪祈る 南砺市のイオックス・アローザスキー場

©株式会社北日本新聞社

木遣り唄に合わせ、大木を引く地元の園児ら=イオックス・アローザスキー場

 スキーシーズンを前にした恒例の「雪恋まつり」が23日、南砺市才川七(福光)のイオックス・アローザスキー場で行われ、大木を引く伝統の「雪曳(ひ)き」でゲレンデの降雪を祈った。

 雪曳きは、医王山で切り出した木を運び出す様子を再現したもので、雪恋まつりの名物として親しまれ、29回目。今回は長さ8メートル、重さ1トンの木を用意した。

 西山木遣り保存会メンバーや福光南部あおぞら保育園児ら約60人が、木遣り唄に合わせて、綱を使い大木を引いた。「よいしょ」と力強く綱を持つ園児らを大勢の来場者が見守った。

 今シーズンは12月20日にオープンし、初日のリフト・ゴンドラ利用は無料となる。

懸命に大木を引く木遣り唄保存会メンバーと園児
掛け声をかけながら元気いっぱいに綱を引っ張る園児
雪曳きの後、一緒に記念写真に納まる木遣り唄保存会メンバーと園児
スキー場に木遣り唄を響かせる保存会のメンバー
雪曳き前の神事で獅子舞を奉納する地元住民たち
ステージイベントも繰り広げられた雪恋まつり