『中3で親に捨てられて黒ギャルになりクソ金持ちの婚約者に死なれて鬱になったワイがYouTuberになって年収8000万の今だ』YouTuberねこあや初エッセイ!

©有限会社ルーフトップ

『中3で親に捨てられて黒ギャルになりクソ金持ちの婚約者に死なれて鬱になったワイがYouTuberになって年収8000万の今だ』YouTuberねこあや初のエッセイ本を発売することが決定。YouTube急上昇クリエイター1位、 SNS総フォロワー60万人のねこあやは虐待、 鬱、 婚約者死別、 ひきこもり、 貧困すべてを経験してきた。 これまで歩んできた人生について、 本書で語る。

生まれ月であるジャニュアリーと母親が好きだったシャネルを掛け合わせて “じゃねん” という名前がつけられたねこあや。 彼女はスペインで生まれで、 本当の父親を知らない。1歳3ヶ月のときに母親の姉であるジェニーの家族に引き取られることになり、 東京の中野に住むことに。 裕福な環境で過ごすことになったねこあやだったが父親の仕事の影響で一転して 最下層オブ最下層貧乏生活に。いつも守ってくれていた父親と離れ、 ジェニーとその息子と生活するようになったのだが、 「女だから」と家事を毎日させられ、 友達と遊ぶことすら許してもらえなかった。

そしてジェニーから受けていた虐待はエスカレートし、 「お願いだから死んでくれ。 」と叩き起こされ、 包丁を渡されたことも。 当時は身長161cmながら精神が病み体重が29kgだったという。 仲の良かった兄に金属バットで顔面フルスイングされたこともあったそうだ。 一時は再び父親と暮らすことになったが、 ジェニーといるうちにスレてしまったねこあやを父親は受け入れることができず、 結局 中3で親に捨てられてしまった 。

そんな不幸の役満人生を歩んできた著者のねこあや。 普通なら壊れてしまったり、 死を選んでしまったりするような壮絶な境遇。持ち前のギャルマインドを武器に人生をサバイブしてきたねこあやが発する言葉たちは、 少しだけ今のあなたを救ってくれるかもしれない。「失敗や挫折はやろうと思ってもできないから、 成功よりもずっと意味がある」「人類みな教師。 反面教師と教師。 」「私の人生の責任は私にしか取らせない」……などなど。 数奇な体験をしてきたがゆえに、 人の目をまったく気にせず、 思ったことはなんでも発言する、 自然体で刺激的な彼女の生き方は、 本人いわく「身も心も露出狂」。

不幸のどん底の生々しすぎる当時の話や、 年収8000万になるまでに成りあがったYouTuberとしての成功秘話などを、 本書で初めて語る。さらに本書ではYouTube界No.1美脚の作り方も公開。SNSでバズった“伝説のスクワット法”も掲載している。ほかにも、YouTuberてんちむさんとのSEXYグラビア、アイドル戦慄かなのさんとのスペシャル対談も。