離婚後の夫の冷たさに愕然…必死に2人の娘を育てた女性が思うこと

©株式会社マネーフォワード

離婚すれば夫婦は他人です。でも親子の縁は切れないはず。ただ、相手に新しい家庭ができれば、前の家庭でできた子に対しては関心をなくしてしまう。悲しいけれど、そんなこともあるようです。


夫のモラハラに耐えかねて離婚

下町の大家族で賑やかに育ったワカナさん(45歳)。三人きょうだいに祖父母や伯父まで同居していたそうです。
「仲がいい家族というわけではありませんでしたが、いつもいろいろな人が出入りしていました。私は長子だったので人慣れしていたところはあると思います」

そんな彼女が憧れたのは、「ちょっとハイソでアカデミックな家庭」でした。大学を出て就職した会社で出会った8歳年上の先輩が、そんな家庭で育った人。母親は習字の先生、父は大学教授、親戚も大学の教員や弁護士などが並んでいたそうです。

「彼とつきあうようになったとき、お母さまから能の鑑賞にご招待されて、いやあ、世界が違うわあと思いながらも興味津々でした。カルチャーショックを覚えるというよりは、新しい世界に前のめりになりました」

そのお母さまに気に入られ、24歳のときに結婚しましたが、それからが大変だったといいます。

「彼は次男で、実家近くにすでにマンションを持っていたんです。私は退職して専業主婦に。家でも料理はしていましたから、そこそこできるんですが、彼に言わせると『うちと味が違う。下品な味だ』と。傷つきましたけど、めげてもいられない。そこでお姑さんに彼の家の料理を習いました」

洗濯も掃除も、彼は常に「うちと違う」と言い、そのたびに姑に教えを請いました。彼の家になじむよう、ワカナさんは必死だったのです。

子どもが生まれて

「26歳で長女を産んだとき、夫は『女か』とひと言。そのとき、この結婚、間違っていたかもしれないと思ったんですよね。ただ、娘が1歳くらいになると夫もさすがにかわいいと思ったようで、その様子を見て、まだ結婚生活を続けられるかもと思ったり。揺れながら生きていましたね」

28歳のとき次女が産まれたが、このとき夫が病院に来たのは2日後でした。また女と聞いたから、というのがその理由。ワカナさんは再度、地獄の底に突き落とされたような気持ちになったそうです。

「それからの生活は、ほぼ母子家庭みたいなものでした。夫は帰宅が遅いか帰ってこないかのどちらか。家族と接触しなくなったんです。どうやらその頃から浮気を繰り返していたようですね」

酔って帰って、無理やり押したおされたこともありました。次女が泣き出し、その声を聞きながら夫を受け入れたせつなさは、今も忘れられないといいます。

離婚しか選択肢がなかった

自分がぼろぼろになっていくような気持ちで、日々、子育てに追われたいたワカナさん、ある日、ふと思ったそうです。

「私には離婚するという選択肢がある、と。どうして思いつかなかったんだろうと不思議でした」

先の見通しもなく、彼女は夫に離婚を申し出ます。離婚したいならしてやるけど、あとのことはいっさい知らない。それが夫の答えでした。

「なぜか私、それでもいいから離婚してくださいと言ったんです。夫は何を思ったかぽんと100万円くれ、アパートも契約してくれました。ただし、払うのはもちろん私です」

生活費も養育費ももらおうとは思いませんでした。あるのは夫にもらった100万円と、彼女の貯金200万円だけ。結婚して8年後、32歳のときでした。

「甘かったんですよね。それでも必死で仕事先を見つけようとしたけど見つからない。結局、水商売しかありませんでした。ただ、その1年後に上の子が小学校に入ったので、夜は子どもたちを実家に預けて働きました」

実家では祖父母の介護が本格的になり、妹と弟たちもさまざまな問題を抱えていたので、あまり人手も見込めません。なにより子どもたちが母親との接触不足で情緒不安定になっているのがわかるようになってきました。

「もうどうしようもありませんでした。昼間、風俗で働くことにしたんです。これなら夜は娘たちと一緒にいられる」

そして夜は必死で勉強し、とある資格をとって上の子が中学生になるころ、ようやく資格を生かして転職しました。収入は下がりましたが必死に働き、少しずつ認められるようになっています。

「長女はそんな私を見ていたせいか、がんばって勉強して都立高校に入り、アルバイトもしていました」

大きくなった娘たちは、たまに父親と連絡をとることもあったようです。ワカナさん自身はほとんど接触しませんでしたが、娘たちにとって父親であることは変わりないので黙って見守っていました。

子どもまでも傷付け…

「今年の春、長女が第1希望の私立大学に合格したんです。初年度は100万という単位のお金がかかる。長女は私に気を遣って、元夫に学費を出してもらえないかと頼んだみたいなんですよ。そうしたら元夫に、『今はオレにも子どもがいる。おまえには出せない』と言われたんですって。彼女は落ち込んでいたし、私は元夫に頭に来て電話をかけ、『ものには言い方がある。彼女だってあなたの子どもでしょ』と怒鳴りつけたんです。そうしたら元夫は、『オレの子だと思ってないから』って。彼の本性が見えた気がしました。娘たちにごはんを奢ることくらいはしても、大きなお金を出すつもりはなかったんでしょうね」

娘には謝ることしかできなかったワカナさんだが、お金はもちろん用意しました。つらい思いをさせたけれど、娘には元気にがんばってほしいと思っているそうです。

「長女はもう大人として対等に接していますから、これを機会に男を見る目を養ってほしい、私のように失敗しないでほしいと伝えました。元夫にはいい思い出がありませんが、それでも娘が授かったことだけは感謝しています」

離婚するのはしかたがありません。我慢して生活していても、ワカナさんが壊れてしまったかもしれないのですから。ただ、子どもに対する責任は明確にしておいたほうがよかった。そこが彼女の後悔している点だそうです。