中日平田は現状維持1億8000万円、高橋は2500万円増の6000万円…24日の主な契約更改

©株式会社Creative2

中日・平田良介【写真:荒川祐史】

高橋はゴールデングラブ賞を初受賞、5月には月間MVPに輝く

 中日の平田良介外野手が24日、ナゴヤ球場で契約交渉に臨み、現状維持の1億8000万円で更改した。14年目の今季は怪我の影響で95試合の出場にとどまり規定打席に届かず、打率.273、8本塁打、32打点に終わった。

 主将を務めた高橋周平内野手は2500万円増の6000万円でサインした。8年目の今季は117試合出場で打率.293、7本塁打、59打点をマーク。5月に月間MVPに輝き、ゴールデングラブ賞も初受賞した。(Full-Count編集部)