元CAが絶賛!おすすめの世界のビーチリゾート5選

©シーエーメディアエージェンシー/ハニーコミュニケーションズ

CAは1年中リゾートを楽しみたい!

世界中を飛び回るCA達にとって、お休みや有給休暇の楽しみといえばやはり旅行です。

特にきれいなビーチのあるリゾート地なら、日頃の慌ただしい日々を忘れて癒しの休暇を過ごす事ができますよね。

そこで今回はビーチ好きの元外資CAが独断で選ぶ、海外の最高のリゾート地5選をご紹介します!

 

カンクン(メキシコ)

中海に面するリゾート都市カンクン(メキシコ)

 

日本でも言わずと知れたリゾート地として有名な、地中海に面するリゾート都市カンクン。

あまりに世界的にも人気で定番とも言えますが、間違いなく素敵なバケーションを過ごす事ができます。

 

真っ白な砂浜と、どこまでも透き通るライトブルーの海は、「美しいビーチ」と呼ぶのに本当に相応しいです。

観光地として発達しているカンクンだからこそ、きちんと整備されたカリブ海のビーチをとことん満喫する事ができます。

 

また多くのホテルには、"All Inclusive"と呼ばれるカリブ海エリアでは定番のシステムを設けており、定額料金を払う事でステイ中のフード&ドリンクが食べ放題・飲み放題、また施設も使い放題となるのでおすすめです。

 

アヤナパ(キプロス)

特におすすめは、アヤナパエリアにある

地中海の中東寄りに浮かぶ島国キプロス。

アフロディーテ(ヴィーナス)が誕生したという伝説を持つこの美しい島は、ギリシャとトルコなど中東の文化を併せ持ち、のんびりとした穏やかな空気が流れるリゾート地です。

特におすすめは、「アヤナパ」エリアにある"Nissi Beach"(ニッシ・ビーチ)です。

水の透明度がかなり高く、まるで巨大なプールにいるかのような錯覚を覚える程です。

こちらはパブリックビーチなのですが、砂浜にはサンベッド、屋台、バーが立ち並び、パーティーミュージックがかかる若者に人気のスポットとなっています。

遠浅のビーチはどこまでもクリアで、真っ白な砂が更に美しさを引き立てます。ビーチの反対側にある丘まで歩いて渡る事もでき、一日中美しいビーチを満喫できます。

 

セーシェル共和国

セーシェル共和国

 

アフリカ大陸の脇にぽつりと浮かぶ小さな島国は、日本ではまだあまりメジャーではないかもしれませんが、欧米では「天国」や「楽園」と呼ばれるお金持ちにも大人気のリゾート地です。

島中に生い茂るヤシの木と、アフリカ系民族の情熱的でリラックスした雰囲気はまさにトロピカル。

そんな極上のリゾート地セーシェルは、どこへ行っても光り輝くビーチを見つける事ができます。まだ手つかずの自然も残っているので、作り上げられた人工的なビーチが苦手な方にもおすすめです。

ゆったりと流れる島の時間に、嫌な事や慌ただしい日々の全てを忘れさせてくれます。

 

 

マルタ共和国

マルタ共和国

 

地中海の島国マルタは、のんびりゆったりとした空気の流れる美しいリゾート地のひとつです。

英語が公用語のひとつであるのも、観光地として魅力的です。

ビーチだけでなく、ヨーロッパらしい可愛い街並を散策する事もでき、女子旅の行き先としてもおすすめです。

 

 

マルタの本島からフェリーですぐのところに、映画の撮影でも使われたゴゾ島があります。

そこのビーチはとにかく地中海へ来た!と実感させてくれるような紺碧の青い海が広がり、思い切り海の風を浴びてリラックスする事ができます。

 

イビサ島(スペイン)

地中海屈指のリゾート地、イビサ島(スペイン)

 

最後におすすめしたいのが、世界屈指のパーティーアイランド、イビサ島です。

ヒッピーやクラブ文化が特に有名ですが、実は家族連れやカップル連れにも大人気。

地中海屈指のリゾート地でもあります。

イビサ島のビーチの特徴は、島の方面やエリアによって、全く異なるビーチを体験できる事です。

波が穏やかで、とにかく透明度の高い海水を楽しむ事ができます。他のエリアへ行くと波が高い典型的な砂浜のビーチもあったり、毎日違うビーチを訪れて、異なる雰囲気を味わえますよ。

 

ビーチバケーションに行こう!

いかがでしたでしょうか?行ってみたいと思えるリゾート地がありましたら幸いです。

次のお休みは、たっぷり海とホリデー気分を味わえるリゾート地へ出かけてみませんか?