Statcast導入から5年 各球団の最長本塁打を放った選手は?

©MLB Advanced Media, LP.

ベース・ルースの登場以来、本塁打は野球の中心となり、「ボールはどのくらい飛んだのか」といったことが注目を集めるようになった。100年近く、各球団は様々な独自の方法で打球の飛距離を計算してきたが、2015年のStatcast導入により簡単に打球の飛距離が計測できるように。ここではStatcastによって計測された各球団の最長本塁打を紹介する(試合の日付は現地時間、★は「打者天国」と呼ばれるロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで放たれた本塁打を示す)。

アメリカン・リーグ東部地区

◆オリオールズ
ジョナサン・スコープ
2015年8月26日:敵地でのロイヤルズ戦
484フィート(約147.5メートル)

◆レッドソックス
ジャッキー・ブラッドリーJr.
2019年8月27日:敵地でのロッキーズ戦★
478フィート(約145.7メートル)

◆ヤンキース
アーロン・ジャッジ
2017年6月11日:本拠地でのオリオールズ戦
495フィート(約150.9メートル)

◆レイズ
アビサイル・ガルシア
2019年5月14日:敵地でのマーリンズ戦
471フィート(約143.6メートル)

◆ブルージェイズ
ジョシュ・ドナルドソン
2015年4月23日:本拠地でのオリオールズ戦
2017年9月17日:敵地でのツインズ戦
481フィート(約146.6メートル)

アメリカン・リーグ中部地区

◆ホワイトソックス
アビサイル・ガルシア
2018年4月3日:敵地でのブルージェイズ戦
481フィート(約146.6メートル)

◆インディアンス
マイク・ナポリ
2016年9月9日:敵地でのツインズ戦
463フィート(約141.1メートル)

◆タイガース
J.D.マルティネス
2015年7月21日:本拠地でのマリナーズ戦
467フィート(約142.3メートル)

◆ロイヤルズ
ブランドン・モス
2017年7月1日:本拠地でのツインズ戦
474フィート(約144.5メートル)

◆ツインズ
ケニー・バルガス
2017年6月20日:本拠地でのホワイトソックス戦
483フィート(約147.2メートル)

アメリカン・リーグ西部地区

◆アストロズ
ヨルダン・アルバレス
2019年7月19日:本拠地でのレンジャーズ戦
474フィート(約144.5メートル)

カルロス・コレア
2019年8月10日:敵地でのオリオールズ戦
474フィート(約144.5メートル)

◆エンゼルス
マイク・トラウト
2015年7月8日:敵地でのロッキーズ戦★
477フィート(約145.4メートル)

◆アスレチックス
マット・オルソン
2017年9月15日:敵地でのフィリーズ戦
483フィート(約147.2メートル)

◆マリナーズ
ネルソン・クルーズ
2016年9月24日:敵地でのツインズ戦
493フィート(約150.3メートル)

◆レンジャーズ
ノマー・マザーラ
2019年6月21日:本拠地でのホワイトソックス戦
505フィート(約153.9メートル)

ナショナル・リーグ東部地区

◆ブレーブス
ロナルド・アクーニャJr.
2019年5月10日:敵地でのダイヤモンドバックス戦
466フィート(約142.0メートル)

◆マーリンズ
ジャンカルロ・スタントン
2016年8月6日:敵地でのロッキーズ戦★
504フィート(約153.6メートル)

◆メッツ
ピート・アロンゾ
2019年7月17日:敵地でのツインズ戦
474フィート(約144.5メートル)

◆フィリーズ
マイケル・フランコ
2016年7月10日:敵地でのロッキーズ戦★
471フィート(約143.6メートル)

◆ナショナルズ
マイケル・A・テイラー
2015年8月20日:敵地でのロッキーズ戦★
493フィート(約150.3メートル)

ナショナル・リーグ中部地区

◆カブス
クリス・ブライアント
2015年9月6日:本拠地でのダイヤモンドバックス戦
495フィート(約150.9メートル)

◆レッズ
エウヘニオ・スアレス
2016年6月2日:敵地でのロッキーズ戦★
465フィート(約141.7メートル)

◆ブリュワーズ
ドミンゴ・サンタナ
2017年7月26日:敵地でのナショナルズ戦
476フィート(約145.1メートル)

◆パイレーツ
ペドロ・アルバレス
2015年10月4日:本拠地でのレッズ戦
479フィート(約146.0メートル)

◆カージナルス
ランヘル・ラベロ
2019年9月12日:敵地でのロッキーズ戦★
487フィート(約148.4メートル)

ナショナル・リーグ西部地区

◆ダイヤモンドバックス
ケテル・マーテイ
2019年6月2日:本拠地でのメッツ戦
482フィート(約146.9メートル)

◆ロッキーズ
トレバー・ストーリー
2018年9月5日:本拠地でのジャイアンツ戦★
505フィート(約153.9メートル)

◆ドジャース
ジョク・ピーダーソン
2015年6月2日:敵地でのロッキーズ戦★
477フィート(約145.4メートル)

◆パドレス
フランチー・コルデロ
2018年4月20日:敵地でのダイヤモンドバックス戦
489フィート(約149.0メートル)

◆ジャイアンツ
ブランドン・ベルト
2015年5月22日:敵地でのロッキーズ戦★
475フィート(約144.8メートル)