ベストナイン投票結果内訳は…パは森、セは坂本勇が最多得票 中村、山口らも圧勝

©株式会社Creative2

巨人・坂本勇人(左)、西武・森友哉【写真:Getty Images, 荒川祐史】

巨人岡本は一塁と三塁で票が割れる不運、パ投手は千賀が有原との激戦制す

 日本野球機構(NPB)は25日、2019年のベストナインを発表。満票での選出はいなかったが、セ・リーグ(有効投票数297)では遊撃手部門の坂本勇人内野手(巨人)が294票、パ・リーグでは(有効投票数253)では森友哉捕手(西武)が251票で最多得票だった。

 パでは一塁手部門の山川穂高内野手(西武)が230票、三塁手部門の中村剛也内野手(西武)が240票、外野手部門では秋山翔吾(西武)が246票、吉田正尚(オリックス)が241票、荻野貴司(ロッテ)が191票と票を集め、4位以降に大差を付けた。二塁手部門は浅村栄斗内野手(楽天)が外崎修汰内野手(西武)を66票上回った。投手部門は最多奪三振の千賀滉大投手(ソフトバンク)が最多勝の有原航平投手(日本ハム)を44票差で制した。

 セは投手部門で山口俊投手(巨人)が270票を集めて圧勝。激戦とされた一塁手部門はD・ビシエド内野手(中日)が村上宗隆内野手(ヤクルト)に130票差をつけた。巨人のリーグ優勝に貢献した岡本和真内野手(巨人)は一塁手部門で48票、三塁手部門で101票と票が割れたのが大きく響いた。外野手部門は首位打者の鈴木誠也(広島)、広島からFA移籍した丸佳浩(巨人)、本塁打王のソト(DeNA)が順当に選出。激戦だった捕手は會澤翼(広島)が梅野隆太郎(阪神)に45票差、三塁手は高橋周平内野手(中日)が岡本に41票差で制した。(Full-Count編集部)