夏木マリ、世界文化遺産「清水寺」にて6年目の文化奉納「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2019『PLAY × PRAY』 第六夜 を開催!

©有限会社ルーフトップ

エンターテインメントの第一線を走り続ける夏木マリが、 11月24日(日)、 6年目となる「NATSUKIMARIFESTIVALin KYOTO 2019『PLAY × PRAY』 第六夜」を、 世界文化遺産である清水寺[経堂]にて開催。 パフォーマンス集団MNT(マリナツキテロワール)と共に創り上げる「印象派NEO」のパーツパフォーマンスと清水寺・執事補森清顕氏の声明とのコラボレーションで文化奉納をした。

17時半定刻、 鐘楼から響く鐘の音とともに経堂の壁面にプロジェクションマッピングが映し出されると、 参拝者から感嘆の声が上がった。 黒装束を纏ったMNT(マリナツキテロワール)のダンサーと夏木マリが一人ずつ鐘をつき終えると、 順々に鐘楼から経堂へと練り歩き、 パフォーマンスがスタート。 台風や大雨の被害が相次いだ今年、 祈りを込めてブルーの照明に染められた経堂内に揃うと、 極限まで鍛え抜かれたダンサー達が繰り返す「静と動」・「集中と解放」の身体表現、 重厚な声明、 ティンパニーの音が重なり観覧者の鼓動も高鳴る。 ダンサーの息づかいと格子戸から漏れ入る煌びやかな光に包まれ、 息を飲むパフォーマンスは約60分間続き、 フィナーレと共に堂内に明かりが点ると、 拍手と感嘆の声が溢れた。

今回のパフォーマンス衣装は、 2018年春夏シーズンより展開しているコレクション「re:editionproject 165」とのコラボレーションが実現。 昨年の奉納パフォーマンスを観て「衝撃を受けた」と語るブランドプロデューサーのNAOTAKEKOSHI氏が、 夏木マリやMNT(マリナツキテロワール)の衣装を担当。

いよいよ来年に迫った「東京オリンピック・パラリンピック2020」の顧問である夏木マリが未来のアートシーンを見据えた上で、 文化芸術を活性させたい想いから、 日本文化象徴の地である“京都”にて本年も文化の奉納し、 この活動を毎年継続的に行わせていただくことで、 これからも文化に寄与していきたいと考えているとのこと。

尚、 この奉納パフォーマンスは夏木マリが代表を務める支援活動「One of Loveプロジェクト」の一環としても開催しており、 この日、 会場内に設置された募金箱には大変多くのご賛同が。 お寄せいただいた募金は「One of Loveプロジェクト」を通じて、 途上国の子供たちの教育環境、 そしてその母親でもある働く女性たちの雇用整備の向上のために役立てられるとのこと。

■日時:2019年11月24日(日)17:30~18:30
■会場:音羽山 清水寺[経堂](京都市東山区清水1丁目294)
■出演:夏木マリ、 MNT(マリナツキテロワール/ 山崎麻衣子、 小島功義、 鈴木竜、 城俊彦、 花島令、 牟田のどか、 西田祥子、 岩崎未来、 植田崇幸)
声明:音羽山清水寺執事補森清顕氏
■音楽監督:斉藤ノヴ
■衣装協力:re:editionproject 165
■料金:清水寺拝観料のみ
※経堂内での観覧は事前応募による当選者。
※場内に募金箱を設置し「One of Loveプロジェクト」の支援へ繋がるお気持ちを募りました。