第1回中日「人文対話」、日本で開催 王毅氏と茂木氏が共同主宰

©新華社

第1回中日「人文対話」、日本で開催 王毅氏と茂木氏が共同主宰

 中国の王毅国務委員兼外交部長は25日、東京で日本の茂木敏充外相と共に、両国間の人的・文化的交流に関する第1回ハイレベル対話を主宰した。(東京=新華社記者/馬曹冉)

 【新華社東京11月26日】中国の王毅(おう・き)国務委員兼外交部長は25日、東京で日本の茂木敏充外相と共に、両国間の人的・文化的交流に関する第1回ハイレベル対話を主宰した。

 王毅、茂木両氏がそれぞれ習近平(しゅう・きんぺい)主席と安倍晋三首相の会議に寄せた祝賀メッセージを代読した。

 王毅氏は次のように述べた。このメカニズムの設置は両国指導者の達成した重要な共通認識であり、両国指導者の切なる期待が託されている。中日両国の人文交流は根源が深く、両国の独特の文化的融合を蓄積し、両国人民を結ぶ固い紐帯を強くし、両国関係の発展を促進する尽きることのない原動力を形成した。双方は歴史文化の厚い蓄積の中から価値のアイデンティティーを探し出し、仁に親しみ隣に善くするという古くからの知恵から現代における啓発をくみ取り、両国民が知り合い親しくする道を開き、中日関係の長期安定を図るべきだ。中国は日本と共に包括的に計画し、双方向の人的往来を一段と拡大し、両国の人文交流の内容を豊かにし、民意の誘導・構築を強化し、文明の交流と相互参考を推進し、両国民の相互認知と友好的感情を絶えず増進し、両国関係の長期発展のための人文の強い紐帯と堅固な民意基盤を築くことを願っている。

 茂木氏は次のように述べた。日中は2千年余りの悠久の往来の歴史があり、両国の人文交流は双方の人々の相互理解増進に重要な役割を果たし、両国関係の長期発展推進に不可欠の基礎だ。双方はハイレベル人文交流協議メカニズムの役割を十分生かし、文化、スポーツ、観光など人文分野の交流・協力を積極的に推進し、新時代の日中人文交流で新たな、より大きな発展を図らなければならない。

 双方の主管部門責任者はそれぞれ両国の文化、観光、教育、スポーツ、メディア、映画・テレビ、地方、青少年、女性などの分野の交流・協力の進展と計画などの状況を説明した。会議で8項目の重要な共通認識に達した。1、2020年を「中日文化・スポーツ交流推進年」と定める。2、両国の双方向の修学旅行を再開し、その規模を拡大させる。3、両国の人的往来をバランスよく拡大し、できるだけ早く延べ1500万人を突破させるとともに、中日観光フォーラムを開催する。4、映画・音楽・アニメ・漫画・出版などの文化産業の協力やハイレベルの芸術団の交流・相互訪問を推進する。5、2020年東京五輪と2022年北京冬季五輪を互いにサポートし、五輪における協力を懸け橋に両国スポーツ分野の交流・協力レベルを高める。6、メディア業界の相互訪問と交流・協力を支持する。7、女性事業の推進経験を共有し、男女共同参画発展の協力を促進する。8、来年の適切な時期に中国で第2回会合を開催することに同意した。