【UEFA】人種差別に反発したタイソンが1試合の出場停止に…シャフタール監督は苦言を呈す「誰が同意するんだ?」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

人種差別的チャントに反撃したシャフタール・ドネツクの元ブラジル代表FWタイソンは、ウクライナサッカー協会(UAF)から1試合の出場停止処分を科される。これにはシャフタール監督も困惑しているようだ。

【チャンピオンズリーグ】C・ロナウド復帰濃厚のユーベが強敵アトレティコと対戦!シティはCLでお馴染みのシャフタールと 〜グループC&D第5節プレビュー〜

10日に行われたウクライナ・プレミアリーグ第14節の宿敵ディナモ・キエフ戦に出場したタイソンは、終盤にファウルを犯すと相手サポーターから人種差別的チャントを浴びせられた。激昂したタイソンは相手サポーターがいるスタンドにボールを蹴り込み、中指を立てるジェスチャーを見せる。レフェリーはこの一連の行為に対してレッドカードを提示し、タイソンは涙を流しながらピッチを後に。退場となったタイソンはUAFから1試合の出場停止処分を科された。

【プレミアリーグ】B・シウバに1試合出場停止と罰金700万円の処分…同僚への“人種差別疑惑”ツイートで

シャフタールのルイス・カストロ監督は、UEFAチャンピオンズリーググループステージ第5節マンチェスター・シティ戦のプレスカンファレンスに出席し、タイソンの処分について「奇妙だ」と苦言を呈した。「人種差別は非常にデリケートな問題。これはサッカーだけでなく社会のあらゆる面で抱えているものだ。人種差別は全員が終わらせようと思っているし、サッカーにおいても容認すべきではない。タイソンの出場停止処分に誰が同意するんだ?」。

タイソンの処分にシャフタール監督が苦言