長澤まさみ“犬猿の仲”沢尻エリカの完全終了に高笑い!?

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

長澤まさみ 

(C)まいじつ 

女優の長澤まさみが、麻薬取締法違反の容疑で逮捕された沢尻のエリカに対し〝高笑い〟しているともっぱらだ。

「長澤は『もうエリカも完全に終わったね』なんてことを言っているようです。長澤と沢尻は、広瀬すずと橋本環奈のライバル関係とは似て非なるもの。すずが『カンナちゃんカワイイ』と言えば、環奈も『すずちゃん人気だよね』と、心ではどう思っていようと、お互いしっかり社交辞令。対して長澤VS沢尻は、まさに憎悪ムキ出し。長澤は沢尻を『不良』と呼び、沢尻は長澤を『コネ女』と徹底的に嫌っていた。これは10代のころからの話です」(アイドルライター)

長澤は、父親がサッカー評論家で元ジュビロ磐田の初代監督だった長澤和明氏。対して沢尻は、10代から飲酒や喫煙が囁かれていた。

「しかも2人の間には、男が絡む〝闇〟もあります。長澤は2003年、映画『ロボコン』で俳優の塚本高史と共演し、その後に交際。塚本は06年に映画『タイヨウのうた』に主演。ほぼ同時期、ドラマ版『タイヨウのうた』に出演した沢尻と知り合い、交際に発展したのです。つまり長澤をフッて沢尻に乗り換えた。長澤と沢尻は以前からキャラが合わなかったこともあり、沢尻は長澤と塚本が交際しているのを知って、塚本を狙い撃ち。奪ったわけです。イベントで長澤が沢尻をニラみつける写真も存在し、2人の不仲はあまりにも有名になりました」(同・ライター)

 

かつての取り巻きも戦々恐々

そんな10年以上の憎悪相手だけに、今回、沢尻が逮捕されたことに、長澤は喜びを隠さないという。

「彼女は同棲したものの、結局別れた俳優の伊勢谷友介にまで『捕まったんだって!?』と確認の連絡をしたそうです。伊勢谷はDV癖があることで知られ、長澤も泣く泣く別れたのですが、今回、連絡したことで復縁なんてこともあるかしれません。伊勢谷は交際ではありませんが、沢尻とは付き合いがあります」(同)

かつて「沢尻会」という飲み会集団もあったが、当時のメンバーで今も活躍しているのは、タレントの中川翔子や女優の佐々木希ぐらいなもの。

「会のメンバーだった人間も、今後、借金まみれになる沢尻に関わりたくないでしょう。田代まさしの例もあるし、麻薬は関わったものが負けです」(芸能ライター)

沢尻エリカ、まさにジリ貧だ。