蛇行運転、停車指示するとガードレール衝突 酒気帯び逮捕

©株式会社神奈川新聞社

 高津署は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、東京都狛江市、会社員の男(55)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前2時25分ごろ、川崎市高津区久本3丁目の市道で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転した、としている。

 署によると、パトカーで警戒中の署員が蛇行運転する同容疑者を発見。停車するよう注意すると、ガードレールに衝突する事故を起こし、酒気帯び運転が発覚した。