“究極のオーガニック農場”が出来るまでを追った感動作が完成

©株式会社近代映画社

自然を愛する夫婦が“夢”を追う8年間の奮闘を描く奇跡のドキュメンタリー『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』(原題The Biggest little Farm)が、2020年3月日本公開することが決定した。

「あなたは自然がもたらすこの奇跡に驚嘆するだろう」

本作は、米レビューサイトRottenTomatoesで驚異の96%(2019年11月1日現在)、2018年から数々の映画祭で数々の観客賞を受賞、その熱はじわじわと広がり、「観る者の魂に爽やかな風を吹き込んでくれる。」(バラエティ)、「あなたは自然がもたらすこの奇跡に驚嘆するだろう。」(ニューヨークタイムズ)と各メディアからも絶賛の声が続出!これから本格的となるアカデミー賞戦線も賑わせるであろう、注目の感動作。

愛犬トッドの鳴き声が原因で大都会ロサンゼルスのアパートを追い出されたジョンとモリー夫妻。料理家の妻は、本当に体にいい食べ物を育てるため、夫婦で愛犬トッドを連れて郊外の荒れ果てた農地へと移り住む。二人は、自然の厳しさに翻弄されながらも、命のサイクルを学び、動物や植物たちと共に美しいオーガニック農場を作りあげようとする――

監督は、映画製作者、テレビ番組の監督として25年の経歴を持つジョン・チェスター。監督した伝説のロック写真家ロバート・ナイトのドキュメンタリー映画(『Rock Prophecies(原題)』)では長編ドキュメンタリー映画部門で3つの観客賞を受賞。またアニマルプラネットとITVの野生生物番組の製作者として世界中を旅したことがきっかけで、生態系の複雑な相互作用に興味を持つようになり、2010年妻のモリーと共に、アプリコット・レーン・ファームと名付けた農場を始めることになった。

公開決定にあわせてポスタービジュアルも解禁。ジョンとモリー夫婦が様々な動物たちとともに暮らす農場の様子が切り取られている。

理想と現実、夫婦の絆、命の誕生と終わり、自然の厳しさと豊かさ、全てがつまった珠玉の91分だ。

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
2020年3月、シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA他、全国順次公開
配給:シンカ
©2018FarmLore,LLC