巨人坂本勇&西武森が“圧勝”も…巨人大竹ら1位票獲得、MVPの少数得票者は?

©株式会社Creative2

巨人・坂本勇人(左)、西武・森友哉【写真:Getty Images、荒川祐史】

巨人坂本勇と西武森は位票の9割以上を集める“圧勝”、一方で…

「NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD」が26日に開催され、最優秀選手(MVP)にはセ・リーグから巨人の坂本勇人内野手、パ・リーグから西武の森友哉捕手が選出された。ともに1位票の9割以上を集める“圧勝”。一方で、少数の票を獲得した選手もいる。

 MVPは全国の新聞、通信、放送各社に所属し、プロ野球取材経験5年以上の記者の投票によって決まる。1位票5点、2位票3点、3位票1点で計算され、その合計で最も多くのポイントを集めた選手が“勝者”となるが、セ・リーグは打率.312、40本塁打、94打点をマークした坂本が有効投票数「299」のうち「261」の1位票を獲得し、「1403」点で圧勝。一方、パ・リーグは打率.329で捕手史上4人目の首位打者を獲得した森が、有効投票数「254」のうち「222」の1位票を集め、こちらも「1189」点で圧勝だった。

 セ・リーグは1位票「24」、2位票「162」を集めて「665」点の山口俊投手が2位、「306」点の丸佳浩外野手が3位と巨人勢が1位から3位までを独占。パ・リーグは「485」点の中村剛也内野手が2位、「214」点の山川穂高内野手が3位、「81」点の秋山翔吾外野手が4位と続き、トップ10に実に西武勢の7選手が入った。

 一方で、少ないながら票が入った選手たちも。両リーグで「5」点以下に終わった選手たちは以下の通りだ。

セ・リーグとパ・リーグで「5」点以下に終わった選手は…

【セ・リーグ】
大竹寛投手(巨) 5
山崎康晃投手(De) 5
大野雄大投手(中) 5
今永昇太投手(De) 4
村上宗隆内野手(ヤ) 4
亀井善行外野手(巨) 3
筒香嘉智外野手(De) 3
山田哲人内野手(ヤ) 3
菅野智之投手(巨) 1
桜井俊貴投手(巨) 1
中川皓太投手(巨) 1
梅野隆太郎捕手(神) 1
K・ジョンソン投手(広) 1

【パ・リーグ】
外崎修汰内野手(西)5
高橋礼投手(ソ)5
源田壮亮内野手(西)4
浅村栄斗内野手(楽)4
今宮健太内野手(ソ)3
松井裕樹投手(楽)3

 巨人で救援として優勝に貢献した大竹は1位票を「1」獲得。巨人は亀井に3位票「3」、菅野と桜井と中川にも3位票「1」ずつが入った。DeNA山崎、中日大野雄、ヤクルト村上、DeNA筒香も2位票を獲得している。また、パ・リーグでは新人王のソフトバンク高橋礼が1位票を「1」取っており、西武の外崎、源田、楽天の浅村、ソフトバンクの今宮には2位票が入った。

 この他、セ・リーグではDeNAソト、阪神近本、西武ニール、オリックス吉田正がそれぞれ1位票を「1」ずつ獲得している。毎年、物議を醸す投票結果。セ・パどちらも圧勝となった今年のMVP投票でも“少数派”の票が投じられていた。(Full-Count編集部)