県防災メールが復旧 データセンターの障害原因 三重

©株式会社伊勢新聞社

 災害情報を登録者に電子メールで通知する「防災みえ.jpメール配信サービス」がメール配信できない状態となっていた問題で、三重県は25日、同日午後11時45分時点で復旧したと発表した。

 県によると、23日午前7時以降、メール配信できなくなっていた。サービスのシステムサーバーを設置しているデータセンターで障害が発生したのが原因。25日深夜に委託先から復旧の報告があった。

 データセンターは九州電力の通信子会社QTnet(福岡市)が運営。23日の電源工事に伴って分電盤で障害が発生し、楽天カードなど全国約260社・自治体のシステムが利用できなくなっていた。

 県災害対策課は「委託先を通じ、障害の原因や復旧に時間がかかった理由を調べる」と説明。不具合の報告が発生から2日遅れの25日だったため「委託先に速やかに報告するよう改善を指示した」としている。