超特急が絶品グルメを満喫。人気シリーズ第3弾の舞台はマレーシア

©株式会社東京ニュース通信社

メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急のメンバーが、鉄道で旅をしながら各地のグルメを満喫する「超特急と行く!食べ鉄の旅」の第3弾の放送が決定した。2020年4月からテレ玉ほか全国6局で、30分×全12回が放送(日時未定)。さらに、Paraviでは本編独占見逃し配信、そしてタイでも同時配信されることになった。

今回の旅の舞台は、マレーシア。マレー半島の南北をつなぐマレー鉄道に揺られながら、一行はマレーシアを南下。“食べ鉄ミッション”と呼ばれるお題に挑戦し、とっておきのグルメを堪能する。

超特急は、メインダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、バックボーカルのタカシ(7号車)からなる6人組。2011年12月25日に結成し、12年6月10日にCDデビュー。エンターテインメント性の高さと魅せるパフォーマンスでライブチケットは毎回即時完売するほど、勢いのあるグループだ。今年は10万人動員のホールツアーを開催し、12月25日にはBlu-ray「2019 Spring&Summer Tour EUPHORIA」を発売する。