鶴喰の恵み、食べて 米、漬物のギフトセット 地元法人が「こだわりの味」発売

©株式会社熊本日日新聞社

 

鶴喰米と漬物のギフトセットを発売した鶴喰なの花村の松村梅雄代表理事(右)、早川博秋理事=八代市

 八代市坂本町鶴喰[つるばみ]地区の農事組合法人鶴喰なの花村は、地区のブランド米「鶴喰米」と手作り漬物を詰め合わせたギフトセット「里山のめぐみ」を発売した。

 同地区は中山間地にある約70世帯、人口約160人の集落。冷たい山水とミネラル豊富な土壌で育つ鶴喰米は大粒で味が濃く、県推奨うまい米基準の最高ランクを2年連続で取得している。

 

鶴喰なの花村が発売した鶴喰米と漬物のギフトセット=八代市

 ギフトセット発売は、鶴喰米の認知度を高めることで販路拡大につなげる狙い。鶴喰米2キロに、集落に伝わるレシピを忠実に再現した梅干しやショウガのみそ漬けなどの漬物5種を組み合わせた。

 21日に同法人メンバー2人が市鏡支所で、中村博生市長に発売を報告。松村梅雄代表理事(79)は「米は低農薬、漬物は無添加にこだわった。田舎の味を堪能してほしい」とPRした。

 「里山のめぐみ」は3300円。同市坂本町の道の駅坂本などで購入できる。鶴喰なの花村TEL0965(36)2202。(益田大也)

熊本日日新聞 2019年11月23日掲載