朝日町エコミュージアム30周年記念 エコミュージアムのあゆみ(2)

©株式会社VOTE FOR

■「元禄のエコミュージアム・お江戸ではござらぬ、大谷でござる」…(1)
江戸時代に寺子屋で教科書として使われた「大谷往来」をテーマに開催されたシンポジウム。NHKの「コメディーお江戸でござる」をヒントに大谷第五の峯友会と劇団「りんご村から」のみなさんが「大谷往来」を紹介するコメディー「大谷でござる」を熱演。本家番組に出演していた女優重田千穂子さんもゲストで登場し、会場に詰め掛けた350人の観客からは盛んな拍手や笑い、おひねりが飛びました。

■「おらほの最上川学 ~朝日町五百川峡谷編~」…(2)
精通する町民や学術者の講師を迎えて全5回講座を開催。「最上川・五百川峡谷」をテーマに、川と私たちの関わりについて学びました。11月19日にはこれまでの連続講座のまとめとして、「五百川峡谷シンポジウム」が行われ、午前中は若月啓二氏(西船渡)の案内のもと、五百川峡谷をバスで巡り、午後からは町民を含めた有識者のパネルディスカッションが行われ、その魅力と未来について考えを深めました。

■「朝日町の天地人」パネルディスカッション「直江兼続が開いた朝日軍道」開催…(3)
「町エコミュージアム研究会」が設立されてから20年の記念イベントとして開催。この日は午前・午後の2部構成で当時放映中のNHK大河ドラマ「天地人」にまつわる町内の様々な遺構について多方面から考察しました。午前中は現在の春日沼付近にあったとされる八ツ沼城跡で、1600年の上杉軍による町内への侵攻経路を見学。午後は旧立木小を会場に「朝日軍道」をテーマにパネルディスカッションを開催しました。

■2010日本エコミュージアム研究会全国大会in朝日町エコミュージアム開催…(4)
平成7年の第1回大会以来、2度目の全国大会会場となった当町。10月23日、24日の両日にわたり行われ、全国各地の大学や自治体関係者など約100人が参加しました。1日目は過去20年にわたる町協会の取り組みが紹介されたあと、「椹平の棚田」や「カヌーランド」など町内のみどころを見学。
2日目は西部公民館で故阿部幸作氏が撮影した8ミリフィルムをまとめた映写会を開催。昭和年代の映像に昔を懐かしみました。