今年のプロテスト合格組・田中瑞希が単独首位に浮上 2位に安田彩乃【QTファーストステージ・C地区】

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社

“ルーキー”田中瑞希がファイナル進出に向け前進(撮影:鈴木祥)

<国内女子ツアーQT ファーストステージC地区 2日目◇27日◇周南カントリー倶楽部 (山口県)◇6566ヤード・パー72>

26日(火)〜29日(木)の日程で、来季の国内女子ツアー出場権をかけたQTファーストステージが開催。A地区・房総カントリークラブ 房総ゴルフ場 (千葉県)、B地区・伊勢カントリークラブ (三重県)、C地区・周南カントリー倶楽部 (山口県)の3会場で、300人近くの選手が参戦した。

山口で行われるC地区の2日目は、前日2位だった今年のプロテスト合格組・田中瑞希が7バーディ・2ボギーの「67」をマーク。トータルスコアを6アンダーまで伸ばし、単独トップに浮上した。初日「66」と勢いよく首位で飛び出した安田彩乃は、2つスコアを落としてトータル4アンダー・2位に後退した。

以下、トータル1アンダー・3位タイに山田成美、吉本ここね、トータルイーブンパー・5位タイに渡邉彩香、前田陽子、佐伯朱音が続いている。 今年のプロテストは失敗したものの、合格ラインから2打差以内に入った選手への権利で、QT出場権を得た後藤未有が2オーバー・10位タイと上位につけている。金田久美子は2日目に「77」と崩れ、トータル7オーバー・38位タイと順位を落としている。

QTファーストステージは4日間の72ホールストロークプレーで行われ、各会場上位者が12月3日(火) 〜6日(金)の日程で行われるファイナルステージ(埼玉県・こだまゴルフクラブ)に進出する。進出人数は、各会場ごとに決定する。