Coldplay、『美しき生命』で新境地を開拓! モンスターバンドになるまで

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。

11月25日(月)から11月28日(木)は、Coldplayの歴史を特集! この日は、3rdアルバム『X&Y』リリース後の活動を紹介した。

■『美しき生命』で新境地開拓

2005年にもっとも売れたアルバムとなった『X&Y』をリリースした翌年、アンビエント・ミュージックの先駆者ともいわれるブライアン・イーノ、マーカス・ドラヴスをプロデューサーに迎え、4枚目となるアルバム制作に取り掛かった。

ボーカルのクリス・マーティンは、このアルバムを「Coldplayの新境地」と語り、今までにないサウンド作りに取り組んだ。制作の傍らで行った南米ツアーでは、南米各地の教会などを回り、アルバム収録を行うなど、新たなサウンド作りのために様々な挑戦を行った。過去3部作とは違うサウンドを求め、3年の月日をかけ、4枚目のアルバム『美しき生命』が完成した。

このアルバムはリリースからたった3日でUKチャート1位を獲得。グラミー賞でベストロック・アルバムなど3部門を受賞。母国イギリスでも数々の賞を総なめした。

あっこゴリラ:初期3枚と明らかに違いますね。壮大になりましたね。今思えばこれが彼らの本性を表し始めた瞬間だったとコメントがきています。みなさんけっこう思い入れが強いですね。

■『マイロ・ザイロト』でモンスターバンドへ成長

前回と同様ブライアン・イーノとタッグを組み、前作の大成功に執着することなく、2011年にはロックオペラをモチーフとしたコンセプト・アルバム『マイロ・ザイロト』をリリース。全体主義社会に生きる人々とそれを監視する政府との音と色を巡る戦争や、人々の反抗を政府によって送り込まれた軍隊の1人・マイロと、全体主義世界の住民・ザイロトとの愛の行方が描かれている。この物語は翌年の2012年にコミック化されている。

同アルバムは母国イギリスはもちろん、アメリカやカナダなど数ヶ国で初登場1位を記録。これによりコールドプレイは、ザ・ビートルズ、オアシスに次いで史上3番目のデビューからアルバム5作品連続で初登場1位を獲得したバンドグループとして名を連ねることとなった。

あっこゴリラ:『マイロ・ザイロト』は、全編を通して音の洪水に飲み込まれる感覚がとても気持ちいいというコメントが来てますね。もはや映画ですよね。映画のサントラばりのしっかりとしたコンセプトです。

『SONAR MUSIC』の「FEATURE TOPICS」では、11月28日(木)までColdplay特集が続く。放送は23時頃から。次回もお楽しみに! また、Coldplayの最新アルバム『Everyday Life』も、ぜひチェックしてみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/