【プレミアリーグ】シティ、契約延長に向けスターリングと交渉開始…デ・ブルイネ越えとなるクラブ史上最高額のサラリー提示

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

マンチェスター・シティはイングランド代表FWラヒーム・スターリングと契約延長に向けた交渉を始め、実現すればクラブ史上最高額のサラリーとなるようだ。

【ラ・リーガ】レアルがビッグディール画策⁉ スターリングとベイル+98億円のトレードを狙う

シティのオマール・ベラーダCEOとフットボールディレクターを務めるチキ・ベギリスタインは、今週初めにスターリングの代表者とミーティングを行った。マンチェスターで開かれた会議は1時間近くに及び、2018年1月にベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネと締結した週給35万ポンド(約4700万円)を超える金額をシティ側が提示したようだ。スターリングとシティは昨年11月に5年の契約延長にサインしたばかりだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督はイングランド代表FWを高く評価しており、大型契約を結びビッグクラブからの視線を遠ざけていたいと考えている。

シティがクラブ史上最高額の給料でスターリングと契約延長へ