MLB経験のない23歳と6年26億円契約 “勝者”は選手か、マリナーズか…

©株式会社Creative2

マリナーズと6年総額2400万ドルで契約を結んだ若手有望株エバン・ホワイト【写真:Getty Images】

ホワイトとの大型契約が話題、選手と球団で“勝者”はどっち?

 マリナーズがメジャー経験が1度もない若手有望株のエバン・ホワイト内野手と6年総額2400万ドル(約26億1600万円)で契約を結び、話題となっている。ただ、米メディアは球団にとって「リスクが高い」と指摘。一方で、ホワイト本人にとっては「理に適っている」と分析している。

 米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「マリナーズのエバン・ホワイトとの6年契約はリスクが高い」とのタイトルで特集を掲載。ホワイトがマリナーズと3年の契約延長オプション付きの6年契約を結んだことに言及しつつ「稼ぎを最大限にしたい代理人や選手は反対するかもしれないが、ホワイトは安全で賢明な動きをした。マリナーズがホワイトよりもリスクを負っている」と伝えている。“勝者”はホワイトで、リスクを負っているのはマリナーズとの見方だ。

 記事では「来春、ホワイトは開幕一塁手になる可能性を持ってキャンプに臨め、6年2400万ドルが約束されている。メジャーで足跡を残そうとする若い選手にとってかけがえのない、安心を手に入れることができる」と指摘。通常、メジャー昇格を果たしたルーキーはサービスタイム(メジャーでの登録日数)が年俸調停権を得られる3年に達するまで最低保証年俸56万3500万ドル(約6100万円)でプレーしなければならないが、ホワイトは“別格”の条件でスタートを切ることができる。

 一方で、契約オプションを行使した場合は最大で9年総額5500万ドル(約59億9300万円)という額にとどまるため、もしホワイトがスター級の活躍をした場合は、4年目以降はかなりの低年俸でプレーすることになる。同誌はこのことにも触れているが、それでもマリナーズが“損”をする可能性があると伝えている。

大卒ドラ1選手でも「2/3が失敗」に終わる?

「ホワイトに賭けたマリナーズの3つのシナリオ」として紹介されているのは、「最高のケース:彼は次のゴールドシュミット」「最も可能性の高いケース:彼は次のスモーク、モアランド、アロンソなど」「最悪のケース:彼は次のウォレス、ラポータ、ミルズなど」だ。「最高のケース」はポール・ゴールドシュミットのようなスーパースター級の活躍をした場合で、もちろんマリナーズにとって得となる。

 2つ目の「最も可能性の高いケース」は「たまに大活躍の年もある本物のメジャーリーガーになるということ」。スーパースターとまではいかなくても、主軸クラスの選手になってくれれば、マリナーズにとっては御の字かもしれない。そして、3つ目のケースで名前が挙がっているのは、マイナーで活躍しながら、メジャーでは活躍できなかった選手たち。記事では「ここ21年間のドラフトで、1巡目で指名された大卒の一塁手の64%が通算WAR3.0未満としている。つまり、約2/3が失敗だということである」と指摘。どんな有望株であっても、半数以上は活躍できずに終わっているというのだ。

 同誌は「不確定なことを考えるほど、ホワイトが手に入れたものは彼にとって理にかなっている」と結論づけている。メジャー経験のない若手がどれだけ活躍できるかはまさに未知数。大金を注ぎ込んだマリナーズの判断は“賭け”とも言える。成功となればいいが、果たして……。(Full-Count編集部)