《ベストアーティスト2019》欅坂46・小池美波「2期生のみんなを見て、1期生みんな『もっと頑張らなくちゃ!』と刺激になりました!」

©株式会社東京ニュース通信社

現在放送中の嵐・櫻井翔が総合司会を務める「日テレ系音楽音楽の祭典 ベストアーティスト2019」(午後7:00)。2019年の音楽シーンを彩った豪華アーティストおよそ40組が出演し、名曲や同番組でしか見られないコラボを披露している。

今年もテレビを見ながら楽しめる恒例の裏配信企画「大魔王の部屋」を配信。番組に出演するアーティストたちが本番前後に古坂大魔王が待ち構える部屋を訪れ、番組の裏側やマル秘情報などのトークを繰り広げている。

裏配信に、欅坂46から小池美波、井上梨名、田村保乃、松田里奈が登場。大ヒットシングル「風に吹かれても」と「アンビバレント」のメドレーを終えて古坂と爆笑トークを展開。囲み取材にも応じたメンバーは、番組出演の感想などを語った。

小池は「3年も連続で『ベストアーティスト』に出演させていただいて、ありがたいことだなと思っていますし、カメラワークだったり、照明だったり、こだわっていただいているので私たちもより一層いいパフォーマンスを届けようと準備してきました。これからもパワーアップして頑張りたいなと思います」、松田は「出演させていただく前はすごく緊張していて、ずっと『あぁ、どうしよう…』という気持ちだったんです。本番が始まる前までフリを確認したりして、いいパフォーマンスができるようにみんなで持っていっていました。『アンビバレント』の時にはガスなども出していただいて。迫力もさらに加わったし、曲もちゃんと皆さんにお届けすることができたんじゃないかなと思います」とコメント。

井上は「今まではずっとテレビの前で見ていて、自分がこの番組に出られるとは思ってもいなかったのですごくうれしかったです。今回は、メドレーという形で『風に吹かれても』と『アンビバレント』を披露させていただいたんですけれども、(欅坂46としては)なかなかメドレーという形がなかったなと思って。今回新しい挑戦もできたことがうれしかったです。また、高難度ダンスということで、私自身すごくダンスが苦手なんですけれども、一生懸命パフォーマンスできてよかったです。ありがとうございました」と感謝。

田村も「今回すごくステージもキラキラした場所で披露することができてうれしかったのと、井上も言っていました通り、あんまりメドレーで披露することが少ないなと思っていて。『風に吹かれても』と『アンビバレント』のメドレーも欅坂46として初めてで、細かいところからもう一度みんなで確認してやったので皆さんに届いていたらいいなと思います」と語った。

そして、連続出演している小池からアドバイスされたかを問われると、小池が「みんなの完成度が本当に高かったので、むしろ1期生のみんなが2期生のみんなを見て『もっと頑張らなくちゃ!』という気持ちになったことの方が多かったです。本当に一人一人が鏡とかに向かって練習してくれているので、すごく刺激になりました」と明かすと、2期生のメンバーは「いやいやいや…。でも、うれしいです(笑)」と笑顔で応じた。

また、衣装のポイントについて、小池は「東京ドーム(のコンサート)でも『アンビバレント』と『風に吹かれても』のセットリストが連続であったんですけど、その時に着ていた衣装なんです。(気に入っているポイントは)『アンビバレント』では、この衣装を着てスカートを持ったり、くるっと回ったりした時にフワってなるのが印象的です」とし、松田が「すごく動きやすいんです。踊りやすくて、レッスン着よりも動きやすい衣装です」と気に入っている様子。小池も「メンバーの多くも好きって言っている衣装なので、この衣装で出させていただけてうれしかったです」と話した。