モビリティキャリア 特定技能者紹介事業を開始 東南アジアの機関と協定 教育面でサポート

©株式会社中部経済新聞社

日本語研修をしている協定を締結したベトナムの送り出し機関(右から4人目が加藤社長)

 人材派遣を手掛けるモビリティキャリア(本社名古屋市中区大須、加藤滋樹社長、電話052.209.5855)は12月中旬から、特定技能者の紹介事業を開始する。すでにベトナムとミャンマーにある特定技能者の送り出し機関と協定を締結。12月8日にはインドネシアにある送り出し機関とも締結する予定。深刻な人手不足が続いており、企業からの需要獲得を狙う。