森保染色 「メッキの糸」拡販へ 「スマートテキスタイル」向けに

©株式会社中部経済新聞社

無電解メッキで金属皮膜を付加した各種メッキ糸

 織物用原糸の染色加工を手掛ける森保染色(本社一宮市三条下り戸32、早川典雄社長、電話0586.62.1254)は、原糸に金属の無電解メッキを施した「メッキ糸」の拡販に力を入れる。金属皮膜により導電性機能を持つことが特長で、織物などのテキスタイルをセンサーや電極として活用する「スマートテキスタイル」向けにアピールする。着衣型ウエアラブル端末、電磁波シールド製品などIoT(モノのインターネット)拡大に伴う需要を積極的に開拓する。