秩父夜祭、大勢の見物客を魅了へ 12月2、3日に開催 だんご坂クライマックス、夜空彩る花火も

©株式会社埼玉新聞社

花火が上がるなか御旅所に集まった笠鉾=昨年12月3日、秩父公園

 京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並んで日本三大曳山(ひきやま)祭りに数えられる秩父神社の例大祭「秩父夜祭」が12月2、3日に埼玉県秩父市の中心市街地で行われる。

 秩父夜祭は2016年にユネスコ無形文化遺産に登録。秩父神社の女神・妙見様と武甲山の男神・龍神様が年に一度、逢瀬を楽しむ祭りといわれている。中近、下郷の笠鉾(かさぼこ)2基と、宮地、本町、中町、上町の屋台4基が市内を曳き回された後、秩父神社から神々が出会う場所とされる御旅所に集結する。

 御旅所の手前にある急坂、だんご坂がクライマックス。夜空を彩る花火を背景に、笠鉾と屋台が引き上げられ、大勢の見物客を魅了する。

 問い合わせは、市観光課(電話0494.25.5209)へ。