木下優樹菜の話題をスルー! 夫・フジモンの“逃げ”に批判「それが限界か?」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

藤原敏史  木下優樹菜 

(C)まいじつ 

11月27日放送の『東大王』(TBS系)で、司会のヒロミが『FUJIWARA』の藤本敏史に妻・木下優樹菜の〝タピオカ騒動〟について言及するよう迫る場面があった。藤本は巧みにとぼけてヒロミの〝口撃〟をかわしたが、視聴者からは批判する声が相次いだ。

視聴者の間で話題になったのは、難読字の読みを当てていき、オセロ形式で陣地を奪い合うコーナー。出題された漢字のテーマは食べ物、飲み物で、東大王チームは芸能人チームに「粽(ちまき)」の読みを問うた。

 

「タピオカ」発言迫ったヒロミに藤本は…

周囲が「難しい…」とざわつく中、藤本も悩む顔を見せた。これを見たヒロミは吹き出しそうになりながら「食べ物、飲み物っていったら1つしかないだろ、お前!」と嘘のヒントを出しながら笑い声を漏らした。「タピオカ」を連想したのか、同じく司会の山里亮太は口を押さえながら苦笑いし「アレを藤本さんの口から?!」「答えに出した瞬間、オンエアされますからね」とハラハラした様子。藤本の相方・原西孝幸もタピオカを思い出したのか「漢字一文字でこうなんや…」とつぶやいた。

藤本は「飲めるし食べるし…」とタピオカを連想させる言葉を口にしたが、結局答えに出したのは「こうじ」。正解できず、スタジオから笑いが起きることもなかった。

この日、周囲が促したにもかかわらず〝タピオカ騒動〟に言及しなかった藤本に、視聴者は呆れた様子。笑いも取れなかった藤本は番組に不要と指摘する声もあった。

《タピオカ言わんのかーいw》
《答えられなかったフジモンは、そこが限界なトコなのかなぁ?》
《フジモン、それタピオカって読むんやで》
《東大王、まだフジモン出てるのかあ。早く消えてほしいなぁ》

ヒロミの振りは愛情表現だったのかもしれないが、藤本は期待に応えられなかったようだ。