「ながら運転」12月厳罰化 違反点数、反則金3倍 事故起こせば即免停 カーナビ注視も対象

©株式会社熊本日日新聞社

 携帯電話などを使いながら車を走行させる「ながら運転」を厳罰化した改正道交法が12月1日から施行される。反則金が乗用車で1万8千円と3倍になるほか、事故を起こせば直ちに免許停止になり、刑事手続きの対象となる。

 熊本県警によると、走行中に携帯電話を手に持って通話したり、スマートフォンの画面を操作したりした場合、「携帯電話使用等(保持)」という違反行為となる。走行中にカーナビを注視していた場合も違反となる。

 違反点数は1点から3点に変更。「保持」の反則金は車両の種類によって、大型が7千円から2万5千円、普通が6千円から1万8千円、二輪が6千円から1万5千円、原付が5千円から1万2千円になる。

 これらの違反行為が原因で事故を起こした場合、「携帯電話使用等(交通の危険)」として、違反点数は2点から6点に。即時、免許が停止され、刑事手続きに入る。罰則は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」と厳しくなる。

 県内の「ながら運転」違反者は今年、10月末で1万1260人(前年同期比4459人減)。人身事故は25件(5件減)、負傷者は31人(11人減)。県警交通企画課の合瀨勝彦次席は「運転は自分と他者の命に関わり、携帯を触る余裕はない。一人一人が運転の基本を見直して」と話している。(丸山宗一郎)

(2019年11月28日付 熊本日日新聞朝刊掲載)