記事活用の「こつ」理解 二戸市でNIE実践交流学習会

©株式会社岩手日報社

新聞を使ったワークシート作りに励む参加者

 県NIE協議会(田代高章会長)は27日、二戸市石切所のなにゃーとでNIE実践交流学習会(県教委など後援)を開いた。日本新聞協会認定NIEアドバイザーの田村勝柏台小校長が講師を務め、教員ら10人が新聞ワークシートの作り方や効果に理解を深めた。

 田村校長は新聞ワークシートの学習効果を「社会的な出来事などへの興味関心や読み取る力、思考力や判断力を高めることができる」と説明。キーワードや数字を隠す、子どもの考えを問う設問を加えるなど作成のこつを解説した。

 演習では参加者が作成に挑戦。岩手日報本紙や「日報ジュニアウイークリー」から切り抜き、A3用紙に貼り付けて設問を考えた。最後に工夫や狙いを発表し合い、意見を交わした。