メッシ、CLドルト戦でバルサ通算700試合の偉業達成!脅威の得点数は…

©フットボール・トライブ株式会社

リオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが偉業を達成。27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ボルシア・ドルトムント戦で
バルセロナでの通算試合出場数が700に到達した。同日、クラブ公式サイトが伝えている。

メッシはCLグループステージ第5節のドルトムント戦に先発出場。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのゴールをアシストすると自身も1得点を挙げた。試合は3-1でバルセロナが勝利した。メッシは同クラブ700試合で614ゴール、239アシストという驚異的な数字を残している。通算700試合出場は767試合の記録を持つ元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスに次ぐ歴代2位の記録となっている。

ドルトムント戦に勝利したバルセロナは、CLグループリーグ13年連続の首位通過を決めている。これにより、同クラブは他グループの首位通過が決まったパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン・ミュンヘンマンチェスター・シティユベントスとの対戦を避けることができた。しかし、その一方で、2位通過が決まっているジョゼ・モウリーニョ監督率いるトッテナムと対戦する可能性がある。対戦相手の抽選は、12月16日(月)に行われるという。

バルセロナとモウリーニョ監督の対戦は実現するのだろうか。今後に注目していきたい。