世界の技術革新比較、日本32位

東洋大が初調査

©一般社団法人共同通信社

 東洋大は28日、世界各国のイノベーション(技術革新)の進展度を比べたランキングを初めて発表した。労働生産性など国際比較ができる指標を選定し総合的に評価した。首位はシンガポールで、日本は女性の管理職登用の遅れなどが響いて32位だった。

 就業者1人当たりの生産性や特許出願数、研究開発に携わる技術者数など全58指標を「国際調和」「技術革新」「人間力」などの項目に分類してスコアを算出した上で、順位付けした。比較データを収集できた60カ国を対象にした。

 2位はルクセンブルク、3位はスイスだった。

 日本は「人間力」が60カ国中の57位と極めて低くなった。