円墳頂部から鏡の破片、奈良

国内最大の富雄丸山古墳

©一般社団法人共同通信社

富雄丸山古墳で見つかった「斜縁神獣鏡」の破片(奈良市教育委員会提供)

 奈良市にある国内最大の円墳・富雄丸山古墳(4世紀後半、直径約109メートル)の墳頂部から、中国製の「斜縁神獣鏡」の破片が出土したと28日、奈良市教育委員会が発表した。斜縁神獣鏡は、卑弥呼の鏡とされる三角縁神獣鏡のモデルと考えられている。古墳の立地や規模、副葬品などから担当者は「大和政権内の有力人物だった可能性が高い」と話している。

 市教委によると、鏡の破片は、過去に発掘された埋葬施設周辺を市民が発掘中に発見。長さ約3センチで、仙人とみられる模様の一部と突起が付いていた。日本では近畿地方を中心に45面見つかっているが、同じ鋳型で造られた兄弟鏡はないという。

富雄丸山古墳で「壇」とみられる高まりを指す調査員=28日午後、奈良市