3~5歳児の給食費を全額無償化 すべての幼稚園や保育所と認定こども園 猪名川町が兵庫県内初

©株式会社神戸新聞社

猪名川町役場=猪名川町上野

 兵庫県猪名川町は来年度から、町在住の3~5歳児を対象に、すべての幼稚園や保育所、認定こども園などでかかる給食費全額を無償化する方針を固めた。通う施設の種別に関係なく、主食と副食(おかず)の両方を無料とするのは県内で初めて。

 10月に始まった幼児教育・保育の無償化では給食費は対象外で、同町によると、保護者は現在月2800~8800円程度を実費負担している。

 同町は子育て世帯を支援するため、3~5歳児の給食費の完全無償化方針を決定。所得制限は設けず、認可外施設や企業主導型保育所、障害児施設に通う子も含め、約720人が対象となると見込む。町は関連費用4280万円を、来年度の当初予算案に計上する。

 幼児の給食費を巡っては、県内では相生市が市立幼稚園を全額無料としている。明石、加西、高砂市などは3~5歳児を対象に公私立の保育所や認定こども園の副食費のみを無料としている。(小谷千穂)