【懐かしの洋楽】マーヴィン・ゲイ/Marvin Gaye - Sexual Healing - 1982年

©株式会社ライトアップ

マーヴィン・ゲイはアメリカのソウル/R&Bシンガー。1961年にモータウンよりデビューし、洗練されつつもゴスペルの影響を受けた力強い歌声で人気を得ました。71年発表のアルバム「What's Going On」は緻密なアレンジの華麗で美しい楽曲とベトナム戦争への反戦メッセージをこめた歌詞、苦悩を赤裸々に表現したマーヴィンの歌唱が大きな反響を呼びました。

70年代後半は結婚生活の破綻や薬物依存により低迷しましたが、80年代に入るとレコード会社を移籍。シンセサイザーを大胆に導入した「Sexual Healing」は全米ビルボード3位のヒット作となり、翌83年にはグラミー賞を受賞するなど復活を印象付けました。

YouTube 提供:VEVO

収録アルバム:Midnight Love

・17枚目のスタジオ・アルバム(生前、最後のアルバム)
・リリース:1982年10月
・収録曲
1.  "Midnight Lady"
2.  "Sexual Healing"
3.  "Rockin' After Midnight"
4.  "Til Tomorrow"
5.  "Turn On Some Music"
6.  "Third World Girl"
7.  "Joy"
8.  "My Love Is Waiting"

懐かしの洋楽|ゴールデン横丁