「みんな大変やったな…」 間寛平さん、熊本県宇城市など訪問 熊本地震

©株式会社熊本日日新聞社

住民らと写真に納まる間寛平さん(左から2人目)=28日、宇城市

 「みんな大変やったなあ。でも元気そうで良かった」-。タレントの間寛平さんが28日、熊本地震で被害を受けた熊本県宇城市などの仮設住宅4カ所を訪問し、笑いで住民らを励ました。

 間さんは2017年から県内の被災地訪問を続けており3回目。テレビ番組の収録で来熊したのに合わせ、29日までに熊本市、益城町、御船町などの計9カ所を回る。

 宇城市松橋町の当尾仮設住宅では、後輩芸人のもっこすファイヤーの2人とともに、住民ら約40人の出迎えを受けた。間さんは「マラソンでいろいろ回ったけど、宇城市が一番いいわ。どこ行っても言うてるけどね」などと笑わせながら「困ったことはない?」と住民を気遣った。

 約30分間、軽妙なおしゃべりで住民を楽しませた後、「ウンバラバー」と持ちネタで元気を送った。同住宅に住む福永志津江さん(57)は「気さくでいい人だった。被災地が忘れられてなくて良かった」と笑顔だった。(内田秀夫)

(2019年11月29日付 熊本日日新聞朝刊掲載)