いきものがかり・水野、紅白初出場が決まったときの思い出「ドアを開けたら…」

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』は、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがナビゲーターを担当。毎週月曜日は水野良樹(いきものがかり)が登場。11月25日(月)は、「いきものがかりのADが彼女を作るにはどうしたらいいですか?」をテーマに、リスナーからのメッセージを紹介。また、紅白歌合戦への初出場が決まったときの思い出を明かした。

【この記事の放送回をradikoで聴く】

■彼女を作るために…

いきものがかりのADの趣味は乗馬。リスナーからは「乗馬デートでかっこいい姿を見せたあと、天丼のチェーン店に連れて行き、ちょっと抜けてるところを見せてみては?」というメッセージが届いた。

水野:その女性に、乗馬がかっこよく映るかどうかが微妙ですからね。乗馬と言うとみなさん競馬の騎士や時代劇とかで見る武士のイメージがあると思うんですけど、うちのADさんは武士って言うより公家です。会話にスピード感がないので、それをかっこいいと思うかはわからないですね。趣味が乗馬っていうのがまあすごいですよ。なかなか乗馬に行き着かないですよね。

さらに、いきものがかりのライブに連れて行き、横に座った女の子に「俺、よっちゃんと仕事してるんだけど、付き合ってくれたらバックステージ連れて行ってあげるよ」と言ってみてはとのアドバイスも届いた。

水野:これね、意外と「その女性は誰なの?」みたいな人を連れて来る人はいます(笑)。ADさんじゃなくてもっと偉い人。だいたい、すごくきれいな人なんだよ。それでなぜか写真を撮る(笑)。

■紅白初出場が決まった瞬間を振り返る

そのほか、いきものがかりが紅白歌合戦に初めて出場が決まった時の思い出も振り返った。当時、別の番組収録でたまたまNHKにいたが、普段は現場にいないはずのスタッフたちがスーツ姿で来ていたので違和感を覚えていたそうだ。

水野:「打ち合わせがあるから隣に来てくれ」と連れて行かれて、ドアを開けたら事務所の社長とか全スタッフがいて、サプライズで「紅白、決まりました! おめでとう」って言われたところを、カメラに収められてました。そのまま会見場に連れて行かれて、初出場の人みんなが並ばされて、「今年の初出場のみなさんはこちらです」って前にあった幕が下りて、その前に100以上のカメラ。こんなフラッシュ浴びたことないですよ。あれはなかなかの体験でした。

いきものがかりは12月25日(水)にニューアルバム『WE DO』をリリースする。そして来年アルバムを引っさげたツアーの開催も決定している。詳しくはいきものがかりの公式サイトをチェックしよう。

J-WAVE『SPARK』では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがナビゲーターを務め、毎週月曜日は水野良樹(いきものがかり)が担当する。放送は月曜~木曜の24時00分から25時00分まで。来週もお楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/spark/