堂本剛が生放送中にオリジナル曲制作!! ジェジュン&槇原敬之が「チキンライス」で共演!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系で12月4日、11日放送の「2019FNS歌謡祭」の第1夜(午後6:30)で中山美穂が名曲「色・ホワイトブレンド」と新曲をテレビ初披露するほか、第2夜(午後7:00)は堂本剛が生放送中にオリジナルソングを制作することが決まった。

放送45周年の節目を迎え、総合司会を相葉雅紀と永島優美アナウンサーが新たに務める同番組は、代名詞とも言える豪華コラボレーションや豪華絢爛(けんらん)なパフォーマンスが見どころ。12月4日・第1夜に、中山美穂が1986年に大ヒットした「色・ホワイトブレンド」を披露することが決まった。竹内まりやが作詞・作曲を手掛け、中山の代表作の一つとして知られる同曲を、フジテレビで披露するのはなんと24年ぶり。さらに今年デビュー35周年を迎える中、放送日にリリースされる自身20年ぶりとなるニューアルバム「Neuf Neuf」に収録されている新曲を初披露する。

ほかに第1夜で披露される豪華コラボレーションも決定。三浦春馬は憧れの郷ひろみと名曲「言えないよ」を、JUJUと三浦大知は憧れの久保田利伸と「LA・LA・LA LOVE SONG」を、平井堅は自身の大ヒット曲「POP STAR」をリスペクトする東京スカパラダイスオーケストラの演奏で披露する。また、人気声優の蒼井翔太は大ファンである倖田來未と「愛のうた」で共演、ジェジュンはクリスマスの名曲「チキンライス」を槇原敬之と届ける。さらに槇原は宮野真守との共演で「冬がはじまるよ」を、井上芳雄、山崎育三郎、城田優との共演で「世界に一つだけの花」を「槇原敬之30周年メドレー」で披露する。

そして12月11日・第2夜は、「FNS歌謡祭」45周年を祝って堂本剛が生放送中にオリジナルソングを制作する。第2夜の放送開始時間である午後7時からオリジナルソングの制作がスタート。生放送の合間に制作中の堂本の模様も送りながら、楽曲が完成すれば実際に生放送中の番組内で披露する。どのような楽曲が出来上がるのか? そもそも放送時間内に間に合うのか? この企画に誰かほかの出演者も参加するのかに注目だ。