「おっさんずラブ」新人CA役で山崎育三郎が田中圭と急接近!?「詳しくは…内緒です(笑)」

©株式会社東京ニュース通信社

“空”を舞台に新人CA・春田創一(田中圭)、機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)、整備士・四宮要(戸次重幸)が、ピュアなラブバトルを繰り広げているテレビ朝日系連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(土曜午後11:15)の12月7日放送・第6話から、新たな火種として山崎育三郎が出演することが明らかとなった。

山崎が演じるのは「天空ピーチエアライン」に現れた謎の新人CA・獅子丸怜二。2カ月前まで外資系のドバイ航空にいたという35歳独身の「イケメン」「デキる男」「気さくないいヤツ」という非の打ちどころのない人物。そんな完璧すぎる獅子丸の教育係を同い年のCA・春田が担当することに。35歳男性CA同士ということで、親友のような、ライバルのような存在になっていくが…。

春田と獅子丸の関係について山崎は、「春田と獅子丸は、直感的に『合うな』とか『好きだな』という思いを初めの段階から感じていると思うので、そんな2人の関係性が今後どういうふうになっていくのかという部分は僕も楽しみなところです。真逆のタイプなんだけれども落ち着く……そんな2人が合うんじゃないかなって思ってもらえるような関係性を築いていけたらいいなと思います。獅子丸は、性別などを超えたところで人として春田のことをすごく魅力的に思っていると思います。今後、急接近するようなシーンもあるんですけど、詳しくは……内緒です(笑)」と期待をあおった。

一方の田中は「全然タイプの違う2人なんだけどウマが合うというか、見ている人に『なんかこの2人いいな』っていうふうに感じてもらえるペアになれればいいなと思っています。獅子丸はすごく難しいキャラクターというか、すごく難しいタイミングで登場してきて、いきなり負担のかかるセリフがあったりするんです。まだ詳しくは言えないですが、『これ急に出てきた育さまにやらせんの!?』みたいな部分は正直あるんです。でもそれを言うために出てきたキャラクターには絶対させたくないんです。今後、春田と獅子丸が急接近するシーンもあるのですが……どんなスキンシップがあるのかは、内緒です(笑)!」と初共演ながら山崎とピッタリ息の合ったコメントを寄せた。

「圭さんはなんでも受け止めてくれる、どんな球を投げてもキャッチしてくださる安心感のある役者さん」(山崎)、「ノリがよくてマジメで、振られたら一生懸命やる、すごくバランスのいい人」(田中)と、お互いへの印象を語る2人の“急接近”シーンに期待!