北海道IR見送り 長崎県政財界は冷静 「ライバル減る」期待感も

©株式会社長崎新聞社

 北海道が、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を見送ったことに対し、佐世保市への誘致を目指す本県の政財界は冷静に受け止めつつも、地方の候補地が減ったことは有利に働くという期待感もにじませた。
 中村法道知事は「私たちは魅力的な計画をしっかり策定し、地域活性化や外国人観光客増加に貢献できるような施設にしたい」と直接的な言及を避けた。朝長則男市長は定例会見で、「コメントしづらい」とした上で、IRの認定区域は「地方創生の意味合いが必要だと思う」と述べた。
 佐世保商工会議所副会頭で長崎マリンIR推進協議会の辻宏成会長は「北海道は地方型IRのライバルだった。長崎にとっていい流れになりつつあるのではないか」と話した。