ポインセチアやシクラメン品定め 北国の鉢花まつり始まる

©株式会社北海道新聞社

赤や白、薄紫色に咲き誇るシクラメンに見入る来場者

 花の即売展示会「北国の鉢花まつり」が30日、2日間の日程で札幌市の札幌花き地方卸売市場(白石区流通センター7)で始まり、多くの市民らが熱心に色とりどりの花の中からお気に入りを品定めをしていた。

 北海道花き振興委員会などが、冬も室内に花を飾ってもらおうと毎年開いている。約3千鉢を市価より安く販売。定番のポインセチアやシクラメンのほか、アザリアやクリスマスローズが並ぶ。ポインセチアを買った厚別区の主婦池田葵さん(36)は「真っ赤な色合いがクリスマスにぴったりで、毎年買っています」。