渡部暁斗10位、リーベルが連勝

スキーW杯複合個人第2戦

©一般社団法人共同通信社

W杯複合個人第2戦 渡部暁斗の前半飛躍=ルカ(共同)

 【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は30日、フィンランドのルカで個人第2戦が行われ、昨季個人総合2位の渡部暁斗(北野建設)は10位だった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS142m)は126.5mを飛び、115.2点で5位につけたが、後半距離(10キロ)で順位を下げた。

 個人総合2連覇を狙うヤールマグヌス・リーベル(ノルウェー)が開幕2連勝で、通算15勝目を挙げた。

 山元豪(ダイチ)は29位、山本涼太(早大)は31位、渡部善斗(北野建設)は32位、伝田英郁(早大)は45位。