二宮和也&塚田僚一、ジャニーさんの家族葬を振り返る「舞台のワンシーンのような…」

©株式会社ドットレンド

嵐の二宮和也とA.B.C-Zの塚田僚一が11月24日に放送された『ニノさん』(日本テレビ系)で故・ジャニー喜多川さんの家族葬の際のエピソードを語った。

この日の放送では、ジャニーさんの家族葬について話が繰り広げられた。最後に全員で集まって写真を撮ることになったというジャニーズ一同。4〜50人の参列者がいる中で、塚田は、東山紀之が植草克秀と錦織一清に「せっかくだから3人で撮ろう」と誘っていたシーンを目撃したと明かした。塚田は「舞台のワンシーンのような」と感動した様子を明かし「緊張感があったので、それでみんなほぐれたなって」と微笑ましいやり取りに緊張が解けたと振り返った。

写真を撮るときは、年代順に並ぶことになったそうで、二宮は「後ろから『もうちょい左行って』って言われて。誰が言ってんのかなって見たら森田剛だった」と回顧。そのときは指示に従った二宮だが、後で写真を見ると森田の顔が自分で半分隠れていたことが発覚。二宮は「そこは写ろうよ(笑)」と苦笑していた。