【2019冬鍋は本格志向】絶対失敗しない激ウマ!鍋つゆBEST3

©(株)東京放送ホールディングス

これまで一人鍋やインスタ映え鍋などが流行ってきましたが、2019年の鍋つゆトレンドはズバリ「本格志向」。お家で手軽に本格的な味が楽しめて、絶対失敗しないイチオシの鍋つゆBEST3をご紹介します。

第3位 クアトロチーズ鍋スープ

イチオシ鍋つゆ・第3位はダイショーの「クアトロチーズ鍋スープ」。チェダー・クリーム・ゴーダ・カマンベールの4種のチーズが入った、贅沢な鍋スープです。

この鍋つゆに合わせたい食材は、チーズとの相性がいい鶏もも肉やウインナー・キャベツ・ほうれん草。ストレートタイプの鍋つゆなので、鍋に注いでそのまま火にかければOK。

味の決め手は、4種のチーズに白みそとポークガーリックの風味が加わっているところ。
まろやかでコクのある味わいが特徴の、他に類を見ない極上鍋を手軽に楽しみましょう。

第2位 手づくり鍋の素 ミネストローネ鍋

イチオシ鍋つゆ・第2位は無印良品“手づくり鍋の素シリーズ”の「ミネストローネ鍋」。イタリアのスープ・ミネストローネをお手本にしたつゆで、トマトの旨味とハーブの豊かな香りが特徴です。

ミネストローネ鍋をより美味しく味わえるおすすめの食べ方は、ベーコンとキャベツを使った“ミルフィーユ鍋”。ベーコンとキャベツを交互に重ねて鍋に詰めたら、鍋つゆと水を入れて火にかけるだけととっても簡単です。

仕上げにカマンベールチーズをのせると、なお良し。トマトのフレッシュ感と風味が感じられるペーストとパウダー入りで、濃厚なミネストローネ鍋が楽しめます。

さらに、鍋のシメにはご飯を混ぜて溶き卵と黒胡椒を投入した「オムライス風おじや」がおすすめ。

今までにない美味しさを発見できる、イチオシの鍋つゆです。

第1位 岩下の新生姜鍋スープ

堂々のイチオシ第1位に輝いたのは、宮島醤油の「岩下の新生姜鍋スープ」。おなじみ岩下の新生姜とのコラボ商品で、生姜パウダーが入った香り高いストレートタイプの鍋つゆです。

発売から約2カ月で10万食以上を出荷と大人気。白菜やねぎ・えのき・厚揚げ・油揚げ・豆腐・しいたけ・人参・豚バラ肉といったオーソドックスな食材でいただきましょう。

生姜の香りと風味が特徴ですが、つゆの味のベースはとんこつ風白湯スープ。とろみが感じられるスープと生姜の香りで、身体が芯から温まりそうです。

さらに、食べ進めたところで“とろろ”をたっぷりかけると美味しさ倍増。

生姜とふわふわとろろがぴったり合う「新生姜とろろ鍋」。ぜひ試してみてください。

お家で手軽に本格志向の鍋が楽しめる、イチオシの鍋つゆBEST3をご紹介しました。寒くなる季節、あたたかい鍋を食べて乗り切りましょう。

週末おすすめなトレンド情報が満載王様のブランチ(TBS系列土曜9時30分~14時)